Newsニュース

等覚寺棚田まつりで、竹とんぼ&紙飛行機教室を実施

平成30年10月21日(日)に工学部 総合システム工学科 機械工学系 荒巻教授と学生9名が苅田町の等覚寺棚田まつりに参加しました。今年度は、「空」をテーマに開催されましたので、荒巻研究室では、竹とんぼおよび紙飛行機づくりと飛ばし方教室を実施しました。

等覚寺棚田まつり等覚寺棚田まつり

約200名が参加される中、子供だけでなく大人の方も懐かしんで紙飛行機を作ったり、竹とんぼを飛ばしたりしました。竹とんぼは市販のものを配布し、飛ばし方教室を行いました。また、工学部 総合システム工学科 機械工学系 高藤教授の研究室が製作した竹とんぼ発射装置を使ったデモンストレーションを適宜行い、構造や製造方法についての説明しました。紙飛行機や竹とんぼは、風に乗ると崖下にある果樹畑まで飛び、非常に優雅な飛行を見せました。(崖下まで飛んだものは学生が回収しています。)

等覚寺棚田まつり等覚寺棚田まつり

紙飛行機の素材として飛ばすことを目的にする場合は、A4またはB4サイズの画用紙で作るのが最適ですが、小学校低学年以下の子供たちは力が弱いため折りやすい市販の折り紙を使用しました。小学生が折り紙で作成した紙飛行機と同じものを指導学生が画用紙で作りプレゼントするととても喜んでもらえました。そして、イベント終了間際には、機械工学系4年の土井 優志さん(武雄高等学校出身)が紙飛行機の飛ばし方の指導を行い、メイン会場前の棚田に50機以上の紙飛行機を一斉に飛ばしました。

 

関連記事

SPD隊防犯ボランティア活動2015

2015.09.26

COCお知らせ地域の方へお知らせ地域貢献活動

デザイン学部公開セミナー「建築の…

2017.11.16

COCデザイン研究所地域志向セミナー

ワールドマーケット&ツーリズム2017

2017.05.14

COCデザイン研究所プロジェクト

NITものづくり塾2017

2017.08.26

COC地域志向セミナー

COCPORTAL

ページトップへ