Newsニュース

ニュース

京築のヒノキと暮らすプロジェクト:改修住宅の完成披露内覧会

研究活動

2018.05.21

「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」の一環で、本学・西日本工業大学と西南学院大学、福岡県行橋農林事務所との連携で取り組んでいる「京築のヒノキと暮らすプロジェクト(ちくらす)」の作品展示場として改修を行ってきた住宅の工事が完了し、平成30年5月19日(土)に関係者へ披露されました。内覧会では、本学デザイン学部 建築学科の石垣教授が、参加者に設計趣旨を説明しました。また、これまで「ちくらす」で制作してきた作品の展示も行われました。

ちくらす住宅改修

今回改修を行った住宅には、京築地域のヒノキ材が使用され、日立オートモティブシステムズ株式会社のオイルダンパーの技術をもとに、江戸川木材工業株式会社と開発を行っている、制震ダンパー付意匠壁「ビルアンド(ビル安堵)」が取り付けられています。

ちくらす住宅改修


関連記事

COCPORTAL

ページトップへ