Projectプロジェクト

馬蹄リサイクルグッズの研究開発2017

馬蹄は蹄の成長とともに40日程度で取り替えられ、一度使用した馬蹄は廃棄されています。一方で馬蹄はラッキーアイテムとして使用され、高級ブランドのロゴマークにも使用されています。本プロジェクトでは使用済み馬蹄という貴重な鉄資源をデザインと工学の融合により有効活用し、新しいリサイクルグッズを開発することを目的としました。

1_pj2017-102_pj2017-10

 

 

■平成29年度の成果

●受講者各人がアイデアを出し、ひとつずつ試作品を制作しました。

・キャンドルホルダ仏具

・ドリームキャッチャー

・鍋敷き

・傘立て

・ペン立て

・植木鉢ホルダ

●ブランドロゴのデザイン

●馬蹄のサビ落としの最適な方法の提案

●馬蹄の成分分析の提示

 

3_pj2017-10

 

■今後の方向性

鉄を使うデザイナーへの馬蹄紹介、馬蹄から刃物作成の可能性の研究など、学生活動がきっかけとなり広がりをみせています。

COCPORTAL

ページトップへ