Projectプロジェクト

バイオマスを利用したイチゴ温室用加温機の開発2016

冬と春、イチゴの栽培の温室を加温するため、重油の使用は一般的でありますが、燃料費の高騰や環境汚染などの問題があるため、本開発は省エネ、低ランニングコスト、環境に優しいバイオマスを利用した加温機を開発します。

 1_2367

平成28年度の成果

燃焼効率・操作性を重視して、オリジナル構造を持つバイオマスを利用した加温装置を設計しました。学内の実習工場で加工を行い、新型加温装置の試作機をほぼ完成しました。初期段階の燃焼実験を実施し、基本動作及び機能を確認しました。

 2_2367

今後の方向性

大学での検証実験が終了後、現地のイチゴ温室での加温実験を実施して、基礎データを取得します。装置の改良を行い、実用化・商品化向けの開発を継続します。

COCPORTAL

ページトップへ