Newsニュース

みやこ町との連携でアライグマの捕獲を考える課題解決授業を実施

本学は平成26年度に文部科学省「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」に採択され、4年目を迎える現在も地域を志向した教育・研究・社会貢献の全学的な展開による事業推進に向け、様々な教育研究活動を進めております。そのCOC事業の一環として、平成29年度も自治体と連携して、鳥獣被害対策のプロジェクトに取り組みました。

鳥獣WS

9月11日(月)~13日(水)の3日間、「アライグマ対策」についてワークショップ型の授業を実施。工学部とデザイン学部から9名の学生が参加しました。3チームに分かれて、みやこ町の課題であるアライグマの捕獲について、ミカン箱や衣装ケース等の身近な箱を使って安価な市販の材料で、自宅で簡単に作れる「箱わな」を考えました。最終日の13日(水)13時からは、みやこ町の鳥獣対策担当者と記者の方に成果発表のプレゼンテーションを行いました。現在、みやこ町が住民の方に貸し出している金属製の箱わなをミカン箱で手作りするものや、横からではなく上から蓋で閉じ込めるタイプのもの、そして、衣装ケースの側面に穴をあけて扉を付けアライグマが箱に入ると同時にマジックテープで蓋が閉まる箱わなの試作品3点が披露されました。衣装ケースで制作したものは、アライグマの手足が出ずに安全に運べるメリットがあるなど、プレゼンテーション後は各チームの提案をみやこ町の方に講評していただきました。

鳥獣WS鳥獣WS

鳥獣WS鳥獣WS

鳥獣WS鳥獣WS

関連記事

産学連携フェア2015「知と技術の融…

2015.10.15

COCお知らせ企業の方へお知らせ地域の方へお知らせ総合システム工学科お知らせ自動車・ロボット研究所

平成29年度 地域志向教育研究発表会…

2018.02.14

COC地域志向セミナー

no image

平成29年度公開講座 地域連携セミナー

2017.11.9

COC地域志向セミナー

青少年アンビシャス運動(FHO)

2014.08.9

COC地域貢献活動

COCPORTAL

ページトップへ